豚枝肉における体表由来汚染のインク着色による検討

豚枝肉における体表由来汚染のインク着色による検討

レコードナンバー750313論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名齊藤 伸明
藤森 亜紀子
岩元 幸江
ほか3名
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ60巻・ 10号, p.738-741(2007-10)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (946KB) 
抄録と畜場の解体処理工程での獣畜の体表による枝肉汚染状況を把握する目的で、豚体表を検印用インクで着色し、各処理工程でインクが枝肉に付着する状況を観察した。枝肉へのインク付着(汚染)のおもな原因は、一部剥皮時の最初の切皮、肛門抜きの処理、縦型スキンナーによる全剥皮時のドラム洗浄水および懸垂されたと体上部からの洗浄水の流下によるものであった。また、枝肉のインク付着部は、非付着部に比べ明らかに細菌数が多く認められた。全剥皮時の枝肉汚染が広範囲によることから、その要因を検討した結果、スキンナー上部のドラム洗浄水を停止することにより、汚染は大きく減少した。豚体表へのインク着色による枝肉汚染の検証は、作業従事者に対し、体表から枝肉への微生物汚染を肉眼的に見せることができ、衛生教育に極めて有用であることが認められた。
索引語枝肉;インク着色;検討;体表;豚体表;汚染;ドラム洗浄水;枝肉汚染;豚枝肉;体表由来汚染
引用文献数3
登録日2011年01月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat