ブリにおける飼料リンの吸収率測定に適した採糞方法の検討

ブリにおける飼料リンの吸収率測定に適した採糞方法の検討

レコードナンバー750330論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名Sarker P.K.
深田 陽久
益本 俊郎
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ55巻・ 3号, p.319-324(2007-09)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (507KB) 
抄録飼料リン吸収率測定に適した採糞方法を決定するため、実験1では第一リン酸カリウムを0.89%添加した卵白アルブミン主体の精製試験飼料をブリ(406g)に与え、圧迫法(給餌7hと24h)とコレクター法で採糞した。圧迫法では時間によって吸収率に大きな開きがあった。コレクター法の値は圧迫法の24hの値に近似していた。実験2ではブリ(917g)に市販飼料を給餌して、6h毎の総糞中リン含量を測定したところ、排泄リン量は経時的に減少した。したがって、再現性の高いリン吸収率値を得るには、コレクター法による採糞が望ましいことがわかった。
索引語ブリ;飼料リン;吸収率測定;採糞方法;検討
引用文献数19
登録日2011年01月13日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat