酸処理剤としての乳酸のアカグサレ菌に対する致死効果

酸処理剤としての乳酸のアカグサレ菌に対する致死効果

レコードナンバー750331論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名秋月 晃
田端 正明
川村 嘉応
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ55巻・ 3号, p.325-330(2007-09)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (799KB) 
抄録ノリ養殖において酸処理剤および酸処理技術の向上のため、酸処理剤に使用されている有機酸のうち、特に強い殺菌効果を持つと言われている乳酸と主な4種類の有機酸(リンゴ酸、クエン酸、グルコン酸、酒石酸)とによるアカグサレ菌の致死効果について検討した。その結果、乳酸は他の4種類の有機酸に比べ、同じpH値であれば強い致死効果を示した。また、4種類の有機酸では、pH2.0前後でのみアカグサレ菌を死滅させたが、乳酸ではpH3.0〜5.0でも死滅させたことから、その成分自体が致死効果を持つと考えられた。
索引語酸処理剤;乳酸;アカグサレ菌;致死効果
引用文献数14
登録日2011年01月13日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat