マナマコの呼吸樹での換水と体腔内圧の関係

マナマコの呼吸樹での換水と体腔内圧の関係

レコードナンバー750336論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名山元 憲一
半田 岳志
茅野 昌大
ほか1名
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ55巻・ 3号, p.373-379(2007-09)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (635KB) 
抄録実験は、マナマコについて呼吸樹での換水と体腔内圧の関係を調べた。1換水周期での吸入水量と1換水周期の時間は1換水周期での吸入回数の増加に伴って増大した。しかし、1換水周期での吸入回数に関係なく、換水量は同じ値を示した。1換水周期での吸入回数に関係なく、呼吸樹からの排出は体腔内圧(mmH2O)が7.9〜8.1に達すると開始し、吸入は3.5〜4.0に低下すると開始した。換水は体壁を押さえると停止し、体腔内圧が7.6〜7.8に低下すると再開した。これらのことから、マナマコは体の大きさを変化させても所定の体腔内圧に達するまで吸入を続けた後一気に排出することによって単位時間での換水量を一定に維持していることが明らかとなった。
索引語マナマコ;呼吸樹;換水と体腔内圧;関係
引用文献数21
登録日2011年01月13日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat