高脂質低タンパク質飼料がマダイ稚魚の成長および肝膵臓の酵素活性に及ぼす影響

高脂質低タンパク質飼料がマダイ稚魚の成長および肝膵臓の酵素活性に及ぼす影響

レコードナンバー750344論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名杉田 毅
山本 剛史
古板 博文
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ55巻・ 3号, p.431-440(2007-09)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (1020KB) 
抄録高脂質低タンパク質飼料がマダイ稚魚の成長および肝膵臓の酵素活性に及ぼす影響を検討するため、粗脂肪(CF)15%、粗タンパク質(CP)52%の飼料を対照に、魚油でCFを20および24%に増大してCPを43および37%に削減した飼料、ならびに同飼料に添加した魚油の45%をパーム油で代替した飼料を作製し、平均体重11.4gのマダイに12週間給与した(2水槽/飼料)。増重率、日間成長率および飼料効率は対照区で最も優れていた。肝膵臓における脂肪酸合成酵素およびアミノ基転移酵素の活性は、試験飼料区において低く、特にパーム油添加飼料区において顕著であった。一方、糖新生酵素活性は、パーム油添加飼料区において顕著に減少した。これらの結果から、マダイ稚魚は高脂質低タンパク質飼料を効率的に利用できないこと、パーム油は魚油よりも肝膵臓における脂肪酸合成、アミノ基転移および糖新生を強く抑制することが示された。
索引語脂質低タンパク質飼料;マダイ稚魚;成長;肝膵臓;酵素活性;影響
引用文献数40
登録日2011年01月13日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat