広島県の森林における主要樹種の地下部バイオマス量の推定

広島県の森林における主要樹種の地下部バイオマス量の推定

レコードナンバー750525論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00020636NACSIS書誌IDAA11279142
著者名山場 淳史
書誌名研究報告
別誌名広島県立林業技術センター研究報告
広島県立林業技術センター研究報告
Bulletin of the Hiroshima Prefectural Forestry Research Center
発行元広島県立林業技術センター
巻号,ページ39号, p.23-30(2007-03)ISSN1343411X
全文表示PDFファイル (537KB) 
抄録広島県の森林における主要樹種であるヒノキ、コナラ、アカマツについて、立木の地下部バイオマス量を測定するとともに、地下部バイオマスを効率的に推定するために立木の地上部の属性との関係を解析した。その結果、R-S比は樹種によって差異が認められたが、地下部バイオマス量は地上部バイオマス量や胸高断面積などといずれの樹種においても高い相関関係があり、これらの属性から地下部バイオマス量を推定できるとみなされた。
索引語地下部バイオマス量;広島県;森林;主要樹種;推定;立木;属性;樹種;ヒノキ;コナラ
引用文献数10
登録日2011年01月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat