キク花弁における白色形成のメカニズム

キク花弁における白色形成のメカニズム

レコードナンバー750997論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014870NACSIS書誌IDAN0038751X
著者名大宮 あけみ
書誌名農業および園芸 = Agriculture and horticulture
発行元養賢堂
巻号,ページ82巻・ 11号, p.1153-1160(2007-11)ISSN03695247
全文表示PDFファイル (675KB) 
抄録花色はポリネーターである昆虫を引きつけるように、香りや形とともに長い年月をかけて進化してきた。また、花きの商品価値を高めるうえで花色は重要な要素であり、人間の嗜好性に合わせ、「育種」という作業によって人為的にさまざまな花色が創られてきた。栽培ギクには白色、黄色、橙色、赤紫色などさまざまな花色の品種がある。これらの花色は主にカロテノイドとアントシアニンの2種類の色素により創られる。本稿ではキク花弁の白色形成のメカニズムを中心に、筆者らのキク花弁のカロテノイドに関する研究を紹介したい。
索引語キク花弁;白色形成;メカニズム
引用文献数13
登録日2011年01月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat