メロンつる割病菌(Fusarium oxysporum f.sp.melonis)レース1、2y抵抗性台木品種の育成

メロンつる割病菌(Fusarium oxysporum f.sp.melonis)レース1、2y抵抗性台木品種の育成

レコードナンバー751008論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名中住 晴彦
平井 剛
中野 雅章
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ6巻・ 1号, p.15-19(2007-01)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (2758KB) 
抄録‘どうだい1号’は、‘メロン中間母本農1号’とシロウリの‘東京早生(丸葉)’の交配後代から育成された純系品種で、レース1,2yに強い量的抵抗性、レース2にやや強い量的抵抗性、レース0およびレース1に真性抵抗性をそれぞれ有し、レース1,2yに強度に汚染された圃場における台木品種として、また、レース1,2y抵抗性育種素材としての利用が期待される。‘どうだい2号’は‘バーネットヒルフェボリット’を種子親に‘どうだい1号’を花粉親にして育成されたF1品種で、レース1,2yにやや強い量的抵抗性を有する他、レース0、レース1およびレース2に真性抵抗性を有し、種子が大きく、台木品種として十分な接ぎ木作業性を有し、草勢が強い穂木品種に対しても台木品種として十分な果実生産力を有するため、実用性のあるメロンつる割病抵抗性台木として利用が期待される。
索引語2y;量的抵抗性;台木品種;育成;真性抵抗性;利用;期待;メロンつる割病菌;Fusarium oxysporum;f
引用文献数15
登録日2011年01月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat