ブドウサンショウ(Zanthoxylum piperitum (L.) DC. f. inerme Makino)樹の休眠期

ブドウサンショウ(Zanthoxylum piperitum (L.) DC. f. inerme Makino)樹の休眠期

レコードナンバー751040論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名前田 隆昭
米本 仁巳
樋口 浩和
ほか3名
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ6巻・ 4号, p.565-569(2007-10)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (2653KB) 
抄録ブドウサンショウ栽培においては、秋期の落葉による不時発芽の抑制や、有利販売のための早期出荷を目的とした加温栽培を行う上で、休眠期を明らかにする必要がある。そこで、10月以後の異なる時期に採取した枝を用いた枝挿し法により休眠期を調査するとともに、ポット苗を用いて1月以後の加温試験により休眠覚醒期を調査した。その結果、平均気温10℃以下、平均地温15℃以下になる11月下旬から自発休眠が深くなり、この時期に葉の黄化現象がみられ、1月下旬に休眠覚醒することが判明した。また、5℃以下の積算時間が1000時間以上になる頃が休眠から覚める目安であり、加温すると10日以内で発芽したので、この低温要求量が早期出荷を目的とした加温栽培において、加温を開始する時期の指標となると考えられる。
索引語休眠期;早期出荷;加温栽培;調査;以下;ブドウサンショウ;Zanhoxylum piperium;L;DC;f
引用文献数14
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat