ジベレリンがユキノシタ(Saxifraga stolonifera Meerb.)の栄養繁殖と開花に及ぼす影響

ジベレリンがユキノシタ(Saxifraga stolonifera Meerb.)の栄養繁殖と開花に及ぼす影響

レコードナンバー751056論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名杉浦 広幸
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ7巻・ 1号, p.51-55(2008-01)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (3012KB) 
抄録ジベレリンの処理が、ユキノシタの栄養繁殖と開花に及ぼす影響について検討した。露地栽培では、ジベレリン50mg/Lの処理によって、対照区に比べ多くの幼植物が分化した。屋内の鉢栽培では、ジベレリン散布区で対照区より多くのランナーが分化し、50および200mg/L散布区のランナーには細い腋芽が伸長した。ジベレリン200mg/L散布区では、葉色が薄くなり、生育が抑制された。また、抽台と開花はジベレリン50および200mg/L散布区で促進され、花穂の伸長は10および50mg/L散布区で促進された。ジベレリン50mg/L由来株のランナー先端部の挿し芽からの幼植物の分化は、ジベレリン50mg/L散布区で対照区より多く得られたが、生育は遅かった。結果より、ユキノシタはジベレリン50mg/L処理により、栄養繁殖と開花が促進されることが示された。
索引語開花;ユキノシタ;栄養繁殖;対照区;促進;ジベレリン;影響;処理;幼植物;分化
引用文献数17
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat