エチレンおよび脂肪酸処理がカキ‘西条'果実の熟柿化に及ぼす影響

エチレンおよび脂肪酸処理がカキ‘西条'果実の熟柿化に及ぼす影響

レコードナンバー751066論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名赤浦 和之
孫 寧静
板村 裕之
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ7巻・ 1号, p.111-114(2008-01)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (2116KB) 
抄録低温貯蔵したカキ‘西条’果実を材料として、熟柿を安定して製造する方法の確立を目指し実験を行った。果実の軟化はヘタ近傍から始まった。この軟化開始は無処理とγ-リノレン酸100μL、エチレン100ppm 48時間処理果で、それぞれ23と16、3日後に認められた。いずれの処理においても、果実は軟化開始後3日ですべて完全脱渋し熟柿となった。エチレン処理によりすべての果実は処理後6日で斉一に熟柿となった。エチレン処理は熟柿化に要する期間が最短で最も信頼できる方法と思われた。エチレン処理により果皮の着色は改善し、果実硬度は処理後直線的に低下した。また、可溶性タンニン含量は処理開始後3日から減少が始まり、6日で完全脱渋した。0℃で2から8週間貯蔵した果実はいずれもエチレン処理開始後6日に熟柿になったが、4週間以上貯蔵した場合には裂果が見られた。
索引語果実;熟柿;エチレン処理;カキ;西条’果実;熟柿化;方法;軟化;エチレン;脂肪酸処理
引用文献数10
登録日2011年01月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat