異なる栽培管理方法で生産されたウンシュウミカンの嗜好性

異なる栽培管理方法で生産されたウンシュウミカンの嗜好性

レコードナンバー751069論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名奥田 均
市ノ木山 浩道
須崎 徳高
ほか2名
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ7巻・ 1号, p.129-133(2008-01)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (2285KB) 
抄録シートマルチ栽培したウンシュウミカン園などで発生するキク形状を有する果実に対する消費者の嗜好性を評価するため、マルチ栽培で生産されるキク形状を有さない果実(マルチタイプI)とキク形状の果実(マルチタイプII)、および露地栽培で生産される果実(露地タイプ)について、16歳以上の309名を対象にアンケートを実施し302名(男127名、女175名)の有効回答を得た。その結果、マルチタイプIIの支持が64.5%で最も高く、マルチタイプI(19.9%)、露地タイプ(15.6%)と続いた。選んだ理由には甘み、糖酸のバランスがあげられた。各タイプの支持者を年齢・男女別に分けて支持の特性を分析したところ年齢が高くなるほど女性を中心にマルチタイプを好むことが明らかになった。甘みに対する評価はタイプ支持者間で異なったが、いずれのタイプ支持者も酸に対する評価では差はなかった。形状・外観では露地タイプ、マルチタイプIを支持したグループはマルチタイプIIを劣ると判断したもののマルチタイプIIを支持したグループはタイプ間の差は小さいと判断した。剥皮性についてはいずれのタイプ支持者もマルチタイプIIが劣るとした。本アンケートの結果から供試した3タイプの果実の中ではマルチ栽培により発生したキク形状を有するウンシュウミカン果実の嗜好性が総合的に見て高いことが示唆された。
索引語果実;形状;マルチタイプII;支持;嗜好性;キク;タイプ;ウンシュウミカン;マルチ栽培;マルチ
引用文献数11
登録日2011年01月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat