暑熱環境下における泌乳豚への酵素処理レシチン給与による繁殖成績の改善

暑熱環境下における泌乳豚への酵素処理レシチン給与による繁殖成績の改善

レコードナンバー751194論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011654NACSIS書誌IDAN10202971
著者名中野 徹
石井 俊哉
小野村 光正
ほか2名
書誌名日本養豚学会誌 = The Japanese journal of swine science
発行元日本養豚学会
巻号,ページ45巻・ 1号, p.32-35(2008-03)ISSN0913882X
全文表示PDFファイル (1490KB) 
抄録本研究では、乳化剤として酵素処理レシチンを泌乳中の母豚に給与することで摂取油脂の吸収を促進させ、油脂のエネルギーを効率よく吸収することで、暑熱環境下の体重減少を抑制し繁殖成績の改善を図ることを目的とした。供試豚は、純粋種7頭、交雑種33頭を用いた。給与飼料は、粗蛋白質17%、可消化養分総量80%であった。対照区と試験区の2区を設置し、試験区には、酵素処理レシチンを泌乳中、1日12g上記飼料に加えて給与した。子豚の平均離乳時体重は、対照区7.15kg、試験区7.37kgであり、暑熱環境下では、対照区6.46kg、試験区7.13kgであり、試験区が大きかった。分娩舎導入時と離乳時体重から算出される母豚の体重減少率は、対照区12.9%、試験区11.9%であり、暑熱環境下では、対照区13.6%、試験区11.9%であり、試験区が小さかった。以上の結果から、酵素処理レシチンを給与することで、暑熱環境下で脂肪の吸収能が向上し、泌乳豚の体重減少を抑制し、繁殖成績を改善する可能性が示唆された。
索引語暑熱環境下;試験区;繁殖成績;酵素処理レシチン;給与;泌乳豚;改善;泌乳中;母豚;体重減少
引用文献数5
登録日2011年01月14日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat