チャ葉緑体rbcL-accD領域塩基配列の多様性

チャ葉緑体rbcL-accD領域塩基配列の多様性

レコードナンバー751275論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016154NACSIS書誌IDAN00143344
著者名氏原 ともみ
林 宣之
木幡 勝則
松下 智
北島 佐紀人
書誌名茶業研究報告
別誌名Tea research journal
発行元[出版者不明]
巻号,ページ104号, p.15-23(2007-12)ISSN03666190
全文表示PDFファイル (3360KB) 
抄録チャの遺伝的差異を明らかにするため、21の日本品種、22個体および7個体の中国およびベトナムで採集されたチャ、6つの中国品種について、葉緑体rbcL-accD領域の塩基配列を決定した。この領域はよく保存されていた。日本品種および5つの中国品種は、一塩基多型に基づき2つのタイプに分類された。両タイプとも日本固有ではなく、アジア大陸に起源し日本に導入されたと考えられた。中国南部で収集されたチャでは、近縁種のタリエンシスおよびイラワジエンシスに特異的な3つのIn/Del(insertion/deletion)のうち1つまたは2つを有するものが複数見出された。葉緑体の塩基配列の多様性を用いることにより、市販茶の原葉として使用された品種の遺伝的背景を判別することができる。
索引語チャ;多様性;日本品種;中国品種;塩基配列;タイプ;チャ葉緑体rbcL-accD領域塩基配列;遺伝的差異;22個体;7個体
引用文献数31
登録日2011年01月24日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat