チャ葉面に生息するチャ炭疽病拮抗菌Sporothrix

チャ葉面に生息するチャ炭疽病拮抗菌Sporothrix

レコードナンバー751276論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016154NACSIS書誌IDAN00143344
著者名山田 憲吾
書誌名茶業研究報告
別誌名Tea research journal
発行元[出版者不明]
巻号,ページ104号, p.25-32(2007-12)ISSN03666190
全文表示PDFファイル (3362KB) 
抄録チャ葉面から分離された糸状菌Sporothrixは、チャ炭疽病菌との対峙培養において阻止帯を形成し、その培養ろ液はチャ炭疽病菌分生子の発芽管伸長を抑制した。Sporothrixとチャ炭疽病菌を同時にチャ切り離し葉に付傷接種すると、チャ炭疽病の病斑長径を65-59%抑制した。圃場における防除試験では、Sporothrix分生子懸濁液の散布によりチャ炭疽病発病葉数が減少する傾向がみられたが、明確な防除効果は認められなかった。シクロヘキシミドを添加した選択培地MYCCAを用いて、圃場におけるSporothrixの消長を調査した結果、冬季は10cfu/cm2以下に減少するが、春から秋にかけてはおよそ10(2)-10(3)cfu/cm2の高い密度で生息していた。顕微鏡観察の結果、Sporothrixはチャ葉の毛茸表面に定着していた。
索引語Sporohrix;チャ葉面;生息;チャ炭疽病菌;抑制;圃場;減少;結果;チャ炭疽病拮抗菌Sporohrix;分離
引用文献数13
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat