受光量と光エネルギー変換効率からみた密植条件下におけるラッカセイ日中多収性品種の乾物生産特性

受光量と光エネルギー変換効率からみた密植条件下におけるラッカセイ日中多収性品種の乾物生産特性

レコードナンバー751416論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名曹 鉄華
礒田 昭弘
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ77巻・ 1号, p.41-47(2008-01)ISSN00111848
外部リンク
全文表示PDFファイル (3781KB) 
抄録密植栽培に適応した品種特性を解明するため、ラッカセイ(Arachis hypogaea L.)日中多収性品種(日本品種:関東83号、ナカテユタカ、中国品種:花育16号、魯花11号)を3年間(2002、2003、2005年)密植条件下で栽培し、受光量、成長パラメータ、光エネルギー変換効率(RUE)から乾物生産特性を検討した。平均葉面積指数(LAI)は、2002年、2005年で比較的高い値となり、特に2005年では最高で5前後となった。2003年は6月下旬からの低温、日照不足により生育全般を通じ低く推移した。3年間を通じLAIは関東83号が高い傾向があった。子実収量は2003年を除き、いずれの品種も10a当たり450kg以上となり、特に関東83号、花育16号は500kgを越える極めて高い収量を示した。ラッカセイにおいても基本的には全乾物生産量、子実収量の年次間差異は受光量によって変動していたが、年次ごとの乾物生産、子実収量の品種間差異および8月以降の各期間ごとの乾物生産はいずれも主にRUEによって変動していることが分かった。2002年、2005年は花育16号の生育期間中のRUEが最も高くなり、両年での乾物生産量および子実収量が大きくなったものと考えられた。2002年、2005年で高収量を示した花育16号と関東83号は、生育初期の葉面積の展開が早いこと、RUEが高いこと、ならびに莢数および子実数が多くシンク能が大きいことが高収の要因として挙げられた。
索引語2005年;RUE;子実収量;受光量;関東83号;2002年;光エネルギー変換効率;密植条件下;乾物生産特性;ラッカセイ
引用文献数29
登録日2011年01月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat