ガレガ(Galega orientalis Lam.)のチモシー(Phleum pratense L.)との混播適性

ガレガ(Galega orientalis Lam.)のチモシー(Phleum pratense L.)との混播適性

レコードナンバー751429論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014871NACSIS書誌IDAN00194108
著者名岩渕 慶
我有 満
堀川 洋
書誌名日本草地学会誌
別誌名日本草地学会誌
Japanese journal of grassland science
Glassland science
Journal of Japanese Society of Grassland Sciences
Journal of Japanese Society of Grassland Science
発行元日本草地学会
巻号,ページ53巻・ 3号, p.221-226(2007-10)ISSN04475933
全文表示PDFファイル (3217KB) 
抄録ガレガ(Galega orientalis Lam.)のチモシー(Phleum pratense L.)との混播適性について、チモシー早生品種および中生品種との混播条件における草地造成後6年間の収量性およびマメ科率を用いて評価した。ガレガは播種当年の生育量が少なく過度にマメ科率が高くならなかったため、混播草地におけるチモシーの定着は良好であった。ガレガのマメ科率は播種後6年目においても30%に近い値で推移した。その結果、ガレガはチモシー主体草地を長期間維持でき、収量もアルファルファやアカクローバ混播草地より多収を示した。ガレカとチモシー品種との混播適性は、アルファルファやアカクローバとチモシーとのそれよりも優れると考えられた。ガレガのチモシーに対する競合力は、マメ科率やマメ科収量比によって評価すると、チモシー中生品種に対する方が早生品種よりもやや強かった。以上の結果から、チモシーとガレガの混播は、草地の造成初期から維持段階を通じて、両草種の生育特性を相互に活用できる好適な組合せであると考えられた。
索引語ガレガ;チモシー;マメ科率;混播適性;Galega;orienalis;Phleum praense;L;評価;アルファルファ
引用文献数27
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat