α-リポ酸の製造工程で生成する重合物の安全性と構造解析

α-リポ酸の製造工程で生成する重合物の安全性と構造解析

レコードナンバー751450論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名下田 博司
田中 潤司
関 あずさ
ほか7名
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ48巻・ 5号, p.125-131(2007-10)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (4004KB) 
抄録近年食品への使用が許可されたα-リポ酸は、錠剤やカプセル剤に配合されている。α-リポ酸はアジピン酸から合成されるが、精製および乾燥時に発生する重合物の安全性が懸念されている。そこで著者らは、α-リポ酸の熱変性重合物(LAP-A)およびエタノール変性重合物(LAP-B)の安全性と1H-NMRおよびFAB-MSスペクトルによる構造解析について検討を行った。継続摂取試験において、雌雄マウスに対して、重合物を4週間混餌(0.1および0.2%)摂取させた結果、用量依存性はないものの血中尿酸、カリウムおよび乳酸デヒドロゲナーゼ(LDH)の上昇傾向が認められた。また、臓器重量では、肝臓の相対重量の増加が見られた。一方、LAP-B(500mg/kg)を単回投与した雄性イヌにおいて、血液パラメーターや一般状態の異常な変化は認められなかった。これらの結果より、α-リポ酸重合物は急性毒性を示さないものの、継続摂取により肝および腎機能に影響を与えうる可能性が示唆された。
索引語重合物;安全性;α-リポ酸;構造解析;LAP-B;結果;α;リポ酸;製造工程;生成
引用文献数12
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat