既存添加物エステル系ガムベースの成分分析

既存添加物エステル系ガムベースの成分分析

レコードナンバー751459論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名多田 敦子
増田 愛乃
杉本 直樹
ほか3名
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ48巻・ 6号, p.179-185(2007-12)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (3474KB) 
抄録天然由来のエステル系ガムベース10品目(ウルシロウ、カルナウバロウ、カンデリラロウ、コメヌカロウ、シェラックロウ、ホホバロウ、ミツロウ、モクロウ、モンタンロウおよびラノリン)の成分分析を行い、含有成分組成の差異を比較検討した。TLC分析の結果、含有脂質成分組成の概要が把握でき、いくつかの品目では、その特徴的なTLCパターンにより、他品目との区別が可能であった。しかし、TLCパターンの類似した品目間では相互の区別ができなかったため、さらに、GC/MSにより構成脂肪酸およびアルコールを分析した。その結果、構成脂肪酸およびアルコールの種類やピーク強度比が品目ごとに特徴的であり、TLCパターンが似ている品目同士も、脂肪酸組成分析とアルコール組成分析を組み合わせることで、相互に区別できることが示唆された。今回得られた結果は、エステル系ガムベース製品の種類の推定・判別を行う上で有用な情報であると考えられる。
索引語LCパターン;区別;成分分析;結果;相互;構成脂肪酸;アルコール;種類;既存添加物エステル系ガムベース;天然由来
引用文献数31
登録日2011年01月13日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat