2-アルキルシクロブタノンを指標にした放射線照射食肉,魚肉およびその調理品の冷凍保存後の検知

2-アルキルシクロブタノンを指標にした放射線照射食肉,魚肉およびその調理品の冷凍保存後の検知

レコードナンバー751462論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名尾花 裕孝
古田 雅一
田中 之雄
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ48巻・ 6号, p.203-206(2007-12)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (2209KB) 
抄録放射線照射された食肉・魚肉類が流通市場に混入した場合でも確認できるかを検証することを目的に、一定期間冷凍保存した照射食肉・魚肉や加熱調理済み食品に含まれる材料の照射履歴の検知を試みた。照射履歴の指標には2-アルキルシクロブタノン類を選びGC/MSを用いて分析した。放射線照射された生試料を1年間冷凍保存したとき2-アルキルシクロブタノン類の大幅な減少はなく、照射履歴検出は可能であった。照射試料を加熱調理冷凍保存した場合は時間の経過とともに明らかな減少を示したが、1年間冷凍保存後の照射履歴検出は可能であった。
索引語指標;魚肉;検知;放射線照射;照射履歴;減少;照射履歴検出;アルキルシクロブタノン;放射線照射食肉;調理品
引用文献数7
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat