海ぶどう (クビレヅタ) の養殖工程および製品の細菌学的汚染調査

海ぶどう (クビレヅタ) の養殖工程および製品の細菌学的汚染調査

レコードナンバー751464論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名久高 潤
糸数 清正
平良 勝也
仁平 稔
岡野 祥
中村 正治
岩永 節子
富永 正哉
大野 惇
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ49巻・ 1号, p.11-15(2008-02)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (2828KB) 
抄録海ぶどうの細菌学的汚染状況を把握し、効果的な衛生対策を確立するために調査・研究を行った。沖縄県内16か所の養殖場で各生産段階や製品など11か所における腸炎ビブリオおよび海洋細菌の汚染実態調査を実施した。調査の結果、養殖海水中の海洋細菌数は、養殖により平均10(3)から10(6)cfu/mLまで増加した。一方、海ぶどうの海洋細菌数は母藻から出荷の段階、あるいは出荷7日後まで平均10(7)cfu/gと高い菌数で推移した。腸炎ビブリオは使用海水56%、母藻25%、製品19%から検出されたが、tdhは増菌液、分離株のいずれからも検出されなかった。今回の調査結果を踏まえ、今後、各養殖工程に適した具体的な消毒方法、殺菌装置の評価・改良等についてさらなる検討が必要である。
索引語調査;海ぶどう;腸炎ビブリオ;海洋細菌数;検出;製品;細菌学的汚染状況;把握;衛生対策;確立
引用文献数9
登録日2011年07月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat