CaMV35Sプロモータ配列を持たない遺伝子組換えトウモロコシGA21系統の系統特異的定量分析法の開発

CaMV35Sプロモータ配列を持たない遺伝子組換えトウモロコシGA21系統の系統特異的定量分析法の開発

レコードナンバー751465論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名小口 太一
大西 真理
近川 幸恵
峯岸 恭孝
児玉 貴志
穐山 浩
大野 泰雄
布藤 聡
日野 明寛
古井 聡
橘田 和美
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ49巻・ 1号, p.16-22(2008-02)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (4250KB) 
抄録除草剤耐性遺伝子組換えトウモロコシGA21系統を分析対象とした新規系統特異的定量分析法を開発した。本分析法では、GA21ゲノム1ハプロイド当たり1か所のみ存在する挿入遺伝子配列と隣接するトウモロコシゲノムの境界部位をPCR反応によって増幅する。さらに、このPCR反応の増幅効率は内在性対照となるトウモロコシSSIIb遺伝子の増幅効率と極めて近似するため、その内標比は理論値に近い値が得られた。また統計学的な分析値の評価を行った結果、本分析法はわが国の公定法に定められた他のGM定量分析法と同等以上の分析精度を示した。これら特性から、本法は多重リアルタイムPCR法による高効率的GMトウモロコシスクリーニング定量分析法に応用可能であると考えられる。
索引語本分析法;PCR反応;増幅効率;CaMV35Sプロモータ配列;遺伝子組換えトウモロコシGA21系統;系統特異的定量分析法;開発;除草剤耐性遺伝子組換えトウモロコシGA21系統;分析対象;新規系統特異的定量分析法
引用文献数19
登録日2011年01月13日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat