2種類の飼料添加物と2種類の混合飼料添加給与が採卵鶏の卵殻質に及ぼす影響

2種類の飼料添加物と2種類の混合飼料添加給与が採卵鶏の卵殻質に及ぼす影響

レコードナンバー751514論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20011336NACSIS書誌IDAA11644791
著者名村野 多可子
青木 大輔
書誌名千葉県畜産総合研究センター研究報告 = Bulletin of the Chiba Prefectural Livestock Research Center
別誌名千葉畜セ研報
発行元千葉県畜産総合研究センター
巻号,ページ7号, p.23-30(2007-11)ISSN13469746
全文表示PDFファイル (3789KB) 
抄録採卵雌鶏ジュリア200羽、ボリスブラウン200羽に71日齢から120日齢までの50日間、生菌剤を有効成分とする飼料添加物(A)、繊維分解酵素と有機酸を含む飼料添加物(B)、繊維分解酵素を含む混合飼料(C)を、さらに産卵後期にあたる363日齢から476日齢までの114日間にA、C、またBに替わり有機ミネラルを含む混合飼料(D)を給与した。大すう期におけるA、B、Cの給与は、ジュリアでは卵殻よりも内部卵質の改善につながった。ボリスブラウンではA、B給与で卵殻強度、また、A〜C給与で内部卵質の改善がみられた。産卵後期ではA、Cの再給与により、卵殻質改善の傾向はより明らかになった。飼料添加物や混合飼料の給与は、ジュリアよりボリスブラウンの方が卵質改善に有効的であると思われた。
索引語A;飼料添加物;C;2種類;B;混合飼料;繊維分解酵素;産卵後期;給与;ジュリア
引用文献数4
登録日2011年02月02日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat