大型クラゲ入網時の定置網操業の作業分析

大型クラゲ入網時の定置網操業の作業分析

レコードナンバー751557論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011795NACSIS書誌IDAN10278554
著者名佐伯 公康
涌坪 敏明
久宗 周二
書誌名水産工学
別誌名Fisheries engineering
発行元日本水産工学会
巻号,ページ44巻・ 2号, p.147-152(2007-11)ISSN09167617
全文表示PDFファイル (2353KB) 
抄録近年、大型クラゲ(一般にエチゼンクラゲを指す)が日本沿海に大量出現し、漁具の破損、漁獲物の鮮度低下など、漁業に大きな被害をもたらしている。そのため、来遊予測技術と漁業被害軽減技術の開発が進められている。被害軽減については、漁具に仕切り網を設置し、魚類と大型クラゲを分離してクラゲを排出する手法が開発され、実用化されている。しかし、こうした改良型漁具の普及はまだ十分とはいえず、大型クラゲが多量に入網すると、漁業者はその除去作業を余儀なくされる。本稿は、これより小規模な、漁船1隻による定置網の網起こし作業をケーススタディとしてとりあげ、大型クラゲの入網による漁業者の負担を工程分析および作業姿勢評価によって定量的に表して、負担解消の必要性を示すものである。
索引語定置網操業;作業分析
引用文献数4
登録日2011年01月14日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat