内生細菌のOlpidium virulentus感染阻害効果とそれを用いたレタスビックベイン病防除の可能性

内生細菌のOlpidium virulentus感染阻害効果とそれを用いたレタスビックベイン病防除の可能性

レコードナンバー751601論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016779NACSIS書誌IDAN00352796
著者名相野 公孝
岩本 豊
橋本 好弘
石川 浩一
書誌名土と微生物
別誌名Soil microorganisms
発行元土壌微生物研究会
巻号,ページ61巻・ 2号, p.111-116(2007-10)ISSN09122184
全文表示PDFファイル (3202KB) 
抄録レタスビッグベイン病を媒介するOlpidium virulentusの感染阻害を行う内生細菌の存在とそれを用いたビッグベイン病の防除の可能性を検討した。内生細菌の選抜においてOlpidium virulentusの感染を1/10〜1/200に減じる菌株の存在を明らかにし、また、それらによるビッグベイン病防除試験では防除価32.9と低いが発病抑制効果が認められ、商品化率を向上させることにより経済的な被害を減じることに成功した。また、内生細菌と太陽熱利用土壌消毒及、品種、化学農薬との組合せで実用的な効果を得ることができた。減圧接種及び低温除湿乾燥を組み合わせることにより、内生細菌を生きたままレタス種子へコーティングしペレット化する技術を開発し、内生細菌の実用的な使用方法を確立した。
索引語内生細菌;Olpidium;それ;可能性;virulenus;存在;virulenus感染阻害効果;レタスビックベイン病防除;レタスビッグベイン病;媒介
引用文献数16
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat