NOAA/AVHRRとフラックス観測値に基づくアラスカ地域のクロトウヒ林の炭素フラックス推定

NOAA/AVHRRとフラックス観測値に基づくアラスカ地域のクロトウヒ林の炭素フラックス推定

レコードナンバー751620論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015066NACSIS書誌IDAN00200732
著者名北本 知之
植山 雅仁
原薗 芳信
ほか2名
書誌名農業氣象
別誌名J. Agric. Meteorol
Journal of agricultural meteorology
農業気象
Journal of the agricultural meteorology
発行元養賢堂
巻号,ページ63巻・ 4号, p.171-183(2007-12)ISSN00218588
全文表示PDFファイル (6206KB) 
抄録内陸アラスカのクロトウヒ林の炭素フラックスの地域分布を明らかにするために、NOAA/AVHRR衛星のオリジナルデータと2005年の地上観測データを組み合わせた簡易な経験モデルを作成した。衛星データから導かれる正規化植生指数(NDVI)と地表面温度(LST)を、地上で観測された葉面積指数(LAI)やCO2フラックスと経験モデルCBATを介して関連づけた。観測されたフラックスを広域評価に結びつけるために、総一次生産量(GPP)と生態系呼吸量(Reco)をそれぞれNDVIとLSTから計算した。これらのパラメータや関連式は2005年の観測結果から導かれた。モデルから計算された日変化と季節変化は共に観測結果と良くあった。Recoは時間毎の値としてうまく再現できたが、GPPは大気飽差(VPD)の影響を無視したために過大評価となった。アラスカのクロトウヒ林におけるGPP、Reco、NEEは、2005年の植生期間でそれぞれ2330、1920、-410 g CO2/m2となった。推定された地域分布の季節変化は生態系の多様な条件を反映していることが確かめられた。
索引語クロトウヒ林;2005年;Reco;地域分布;NDVI;LS;観測;計算;観測結果;季節変化
引用文献数29
登録日2011年01月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat