農村と都市におけるサウンドスケープの定量的評価

農村と都市におけるサウンドスケープの定量的評価

レコードナンバー751955論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014870NACSIS書誌IDAN0038751X
著者名山本 徳司
書誌名農業および園芸 = Agriculture and horticulture
発行元養賢堂
巻号,ページ83巻・ 1号, p.163-170(2008-01)ISSN03695247
全文表示PDFファイル (3526KB) 
抄録農村と都市におけるサウンドスケープの定量的評価。平成18年、良好な景観を国民共通の資産として位置付けた日本初の景観に関する基本法である「景観法」が制定された。これに伴い、全国でさまざまな景観施策が展開されているが、これらの施策は、建造物の形態や色彩デザインについての視覚的な景観配慮が中心であり、聴覚のデザインに関する配慮は少ない。そこで、本論文では、中山間地域、平地農村地域、都市近郊地域などのさまざまな地形的、土地利用的特性をもつ農村地域と都市高層ビル街、都市住宅地の都市地域でのサウンドスケープの比較を定量的に行うことにより、都市と農村の音空間特性の違いを明らかにするとともに、農村のサウンドスケープが都市型に移行している問題点について提起する。
索引語農村;都市;サウンドスケープ;定量的評価
引用文献数11
登録日2011年01月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat