抽出成分による木材の生物劣化抵抗性

抽出成分による木材の生物劣化抵抗性

レコードナンバー752165論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012092NACSIS書誌IDAN00240373
著者名澁谷 栄
書誌名木材保存
発行元日本木材保存協会
巻号,ページ34巻・ 2号, p.48-54(2008-03)ISSN02879255
全文表示PDFファイル (3227KB) 
抄録樹木を構成する成分のうち主要なものとして、セルロース、ヘミセルロース、リグニンの3成分が挙げられる。これらは細胞壁を構成する高分子成分である。一方で、分子量の小さい成分も樹木には含まれている。このような成分は有機溶媒などで容易に抽出されることから抽出成分と総称されている。木材部分にも抽出成分は含まれている。通常は辺材よりも心材に多く含まれており、また、含有量および組成も樹種によって大きく異なる。これまでの研究から心材由来の抽出成分にも生物活性が認められている。このような成分は木材を使用しているときの生物劣化抵抗性などに大きく寄与している。
索引語抽出成分;木材;生物劣化抵抗性
引用文献数41
登録日2011年01月14日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat