ゲッキツとウンシュウミカンに対するミカンキジラミ成虫の選好性比較

ゲッキツとウンシュウミカンに対するミカンキジラミ成虫の選好性比較

レコードナンバー752188論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014825NACSIS書誌IDAN00186121
著者名池田 綱介
芦原 亘
書誌名日本応用動物昆虫学会誌
別誌名Japanese journal of applied entomology and zoology
日本応用動物昆虫学会誌
巻号,ページ52巻・ 1号, p.27-30(2008-02)ISSN00214914
全文表示PDFファイル (1892KB) 
抄録ミカンキジラミはカンキツグリーニング病のアジア型病原体を媒介するカンキツ類の重要害虫である。本種はわが国では奄美大島以南に分布しているが、屋久島や指宿市でも生息可能なことが明らかになっている。ミカン科のカンキツ属やゲッキツ属を寄主とするが、芽や展葉初期の新梢にしか産卵しないため、個体数増加は芽の発生量と深い関係がある。また、わが国ではカンキツ類よりゲッキツでの生息密度が高い傾向が認められている。本論文では、ミカンキジラミ成虫のゲッキツとウンシュウミカンに対する定着性と葉と芽に対する選択性について比較試験を行ったのでその結果を報告する。
索引語ゲッキツ;ウンシュウミカン;ミカンキジラミ成虫;選好性比較
引用文献数13
登録日2011年01月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat