和歌山県農耕地土壌の実態と変化

和歌山県農耕地土壌の実態と変化

レコードナンバー752195論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20009168NACSIS書誌IDAA11480140
論文副題土壌環境基礎調査(定点調査)20年間のまとめと解析
著者名林 恭弘
森下 年起
久田 紀夫
薮野 佳寿郎
東 卓弥
書誌名和歌山県農林水産総合技術センター研究報告
別誌名和歌山農林水技セ研報
Bull. Wakayama Res. Cent. Agri. Forest. Fish
発行元和歌山県農林水産総合技術センター
巻号,ページ8号, p.41-52(2007-03)ISSN13455028
全文表示PDFファイル (6058KB) 
抄録5年毎に同一地点を調査する土壌環境基礎調査の4巡目までの結果から、和歌山県におけるこの20年間(1974〜1994年)の農耕地土壌の実態と変化について明らかにした。1)県下全域の水田土壌は、ロータリー耕による作土深の低下が認められる。T-Cは、水稲単作で含有量を維持しており、二毛作実施により低下している。土壌養分は、P2O5が高く、交換性塩基類は基準値以下が多い。2)普通畑では、土壌群ごとの変化が大きく、山間部の褐色森林土ではT-CとCECが増加しているが、砂丘未熟土では、CECの低下が著しい。また、普通畑全体でP2O5の蓄積が認められた。3)樹園地土壌では、作土の浅層化と養分集積が認められ、その傾向はミカンと梅で大きい。土壌pHの低下、T-Cの増加と、P2O5と交換性塩基の減少が認められるが、P2O5と交換性塩基は、適正値以上のほ場が多い。
索引語変化;低下;C;実態;土壌環境基礎調査;CEC;交換性塩基;和歌山県農耕地土壌;定点調査;解析
引用文献数22
登録日2011年02月01日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat