秋季の作物残渣のすき込みが畑地からの亜酸化窒素(N2O)発生に及ぼす影響

秋季の作物残渣のすき込みが畑地からの亜酸化窒素(N2O)発生に及ぼす影響

レコードナンバー752281論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014227NACSIS書誌IDAN00231270
著者名大橋 優二
佐藤 龍夫
書誌名北海道立農業試験場集報
別誌名北海道立農試集報
道農試集報
Bulletin of Hokkaido Prefectural Agricultural Experiment Stations
Bulletin of Hokkaido Prefectural Agricultural Experiment Station
Bulletin of the Hokkaido Prefectural Agricultural Experiment Station
発行元北海道立農業試験場
巻号,ページ91号, p.51-58(2007-10)ISSN04410807
全文表示PDFファイル (3743KB) 
抄録秋季にスイートコーン茎葉をすき込んだ畑地から発生する亜酸化窒素(以下、N2Oと略記)のすき込み後1ヶ月間におけるフラックスと積算発生量は、それぞれ0.003〜0.235mgN/m2/hr、39.6mgN/m2で、無すき込みの同0.001〜0.026mgN/m2/hr、8.3mgN/m2より著しく増加した。しかも、N2Oの発生は作物残渣(キャベツ外葉、スイートコーン茎葉、麦稈)のC/N比等の影響を受けるとともに、残渣のすき込み位置が深くなるほど高まる傾向であった。また、圃場でキャベツ収穫後の茎葉残渣を処理する場合、残渣との土壌接触が少ない表面散布でのN2O発生は、通常の土壌混和に比べて少なかった。以上のように、畑地からのN2Oの発生は、作物残渣すき込みで著しく増加するが、その程度は残渣のすき込み深・種類および処理方法で明らかに異なることが示された。
索引語N2O;畑地;発生;残渣;秋季;作物残渣;すき込み;亜酸化窒素;影響;スイートコーン茎葉
引用文献数20
登録日2010年12月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat