差別化養鶏の現状と衛生対策

差別化養鶏の現状と衛生対策

レコードナンバー752318論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011607NACSIS書誌IDAN0007252X
書誌名鶏病研究会報
別誌名Journal of the Japanese Society on Poultry Diseases
鶏病研究会報
巻号,ページ43巻・ 4号, p.189-199(2008-02)ISSN0285709X
全文表示PDFファイル (4824KB) 
抄録近年、わが国の鶏卵および鶏肉の生産性は育種改良による鶏の能力向上、高能力飼料の開発、鶏舎、器具・機材の改良、飼育管理技術の向上などによって飛躍的に向上した。こうした傾向は海外でも進んでおり、立地条件の有利な地域との価格差もみられるようになっている。鶏卵については生産農場の集約化と生産性向上が図られている。鶏肉についても1980年代後半より、諸外国から安価な製品が大量に輸入されるようになり、また、国内生産者間においてもインテグレーションの形態が出現するなど競争が激化して今日に至っている。差別化養鶏が普及するにつれ、伝染病の発生により周辺の養鶏場に経済的損失を招く危険性が指摘されるようになってきた。例えば高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)やニューカッスル病(ND)が発生すると周辺農場では卵や鶏の移動制限を受けたり、風評被害等による経済的損失が生じ、一般養鶏にとっては脅威である。また、国内の養鶏場ではあまりみられなくなった寄生虫病等の発生も認められるようになった。本解説では、差別化養鶏が一般養鶏と共存していくために必要な衛生対策について解説する。
索引語差別化養鶏;現状;衛生対策
引用文献数21
登録日2011年01月14日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat