動物園動物の血清診断におけるプロテインGの有用性とアジアゾウにおけるELISA法の確立

動物園動物の血清診断におけるプロテインGの有用性とアジアゾウにおけるELISA法の確立

レコードナンバー752330論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名下沢 健太郎
三澤 尚明
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ61巻・ 1号, p.75-78(2008-01)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (2211KB) 
抄録ELISA法は迅速・簡潔な感染症診断のスクリーニング法として有用な手法であるが、多くの動物園動物のELISA法は確立されていないのが現状である。本研究では、IgG結合蛋白質であるプロテインGがELISA診断に応用できるかを検討するため、動物園動物の血清とプロテインGとの結合性を調べた。その結果、強い結合性を示す動物種がいる一方、有袋目・ネコ科食肉目・アジアゾウなど低い反応性を示す種が認められた。このことからプロテインGはすべての動物園動物のELISA診断法に応用することができないことが示唆された。そこで、アジアゾウの血清からIgGを精製し、家兎免疫血清を作製してアジアゾウのIgGを検出できるELISA診断系を確立した。
索引語動物園動物;プロテインG;アジアゾウ;ELISA法;確立;応用;血清;結合性;IgG;血清診断
引用文献数11
登録日2011年01月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat