水稲早生新品種「ゆきん子舞」

水稲早生新品種「ゆきん子舞」

レコードナンバー752455論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00017424NACSIS書誌IDAA1138913X
著者名石崎 和彦
松井 崇晃
金田 智
ほか12名
書誌名新潟県農業総合研究所研究報告 = Journal of the Niigata Agricultural Research Institute
発行元新潟県農業総合研究所
巻号,ページ9号, p.89-98(2008-03)ISSN13449206
全文表示PDFファイル (4814KB) 
抄録「ゆきん子舞」は、新潟県農業試験場(現新潟県農業総合研究所作物研究センター、長岡市)において、1988年に「山形35号」(どまんなか)と「新潟20号」(ゆきの精)を交配し、その後代から育成した粳米品種である。「ゆきん子舞」は、2004年に新潟県の種子対策品種に指定され、作付けが奨励されている。1.「ゆきん子舞」は成熟期が「ゆきの精」より5日、「こしいぶき」より3日早く、育成地では早生に属する。2.稈長、穂長及び穂数は「ゆきの精」並で、草型は中間型である。3.倒伏抵抗性は強、多肥条件における耐倒程度は、「ゆきの精」「こしいぶき」及び「あきたこまち」に比べ小さく優れるが、「新潟早生」より劣る。穂発芽性は易である。4.圃場抵抗性は葉及び穂いもちともに中で、いもち病抵抗性推定遺伝子型はPia、Piiと推定される。5.収量性は、「ゆきの精」に比べやや低く、「こしいぶき」並である。6.玄米品質は、「ゆきの精」に比べ明らかに優れ、「こしいぶき」並である。高温登熟条件下での白未熟粒の発生は「ゆきの精」「越路早生」「あきたこまち」「ひとめぼれ」に比べて少なく、高温登熟性は「こしいぶき」並みに優れる。7.食味は「ゆきの精」に比べ優れるが、「こしいぶき」より劣る。
索引語ゆきの精;こしいぶき;子舞;こまち;水稲早生新品種;新潟県農業試験場;現新潟県農業総合研究所作物研究センター;長岡市;1988年;山形35号
引用文献数9
登録日2011年01月24日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat