野生スサビノリの低栄養塩耐性

野生スサビノリの低栄養塩耐性

レコードナンバー752596論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012384NACSIS書誌IDAN10425987
著者名福永 剛
渕上 哲
岩渕 光伸
書誌名福岡県水産海洋技術センター研究報告
別誌名Bulletin of Fukuoka Fisheries and Marine Technology Research Center
発行元福岡県水産海洋技術センター
巻号,ページ18号, p.1-4(2008-03)ISSN09192468
全文表示PDFファイル (1932KB) 
抄録低栄養塩に強く色落ちしにくいという特性を持ったノリ新品種開発に用いる材料を探すため、野生スサビノリを採集して低栄養塩条件下での色調変化を調べた。採集した野生スサビノリ約300個体間で色調に大きな違いが認められ、またDNA塩基配列の解析によって、個体間には遺伝的な多様性が存在すると同時に、既存の養殖系統保存株とは遺伝的に異なることが明らかになった。低栄養条件下での培養による色調変化でも既存養殖系統保存株に比べて、色落ちしにくい個体と色落ちしやすい個体が認められた。色落ちしにくい個体は生長が悪いため、そのままでは養殖種苗として使用できないことから、低栄養塩耐性品種を開発するための元株として利用することが有効であると考えられた。
索引語色落ち;個体;野生スサビノリ;ため;採集;色調変化;低栄養塩耐性;低栄養塩;特性;ノリ新品種開発
引用文献数5
登録日2011年01月17日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat