福岡県内消費者の水産物に対する意識

福岡県内消費者の水産物に対する意識

レコードナンバー752613論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012384NACSIS書誌IDAN10425987
著者名中村 真由美
書誌名福岡県水産海洋技術センター研究報告
別誌名Bulletin of Fukuoka Fisheries and Marine Technology Research Center
発行元福岡県水産海洋技術センター
巻号,ページ18号, p.127-137(2008-03)ISSN09192468
全文表示PDFファイル (5618KB) 
抄録福岡県の漁業者をとりまく環境は、刻一刻と変化しており、漁家経営の安定にはそれらに対応した対策をとることが不可欠である。近年、消費者の魚離れが顕在化しており、漁家経営に与える影響は大きい。本調査では、県内消費者が水産物に対してどのような意識をもっているのか消費者調査により検討した。その結果、購入行動からみると全国的な傾向と一致しており、魚離れは福岡県でも起こっていると推測できたが、水産物を食べることそのものに対する拒否感はもっていなかった。さらに、各設問を総合して考察すると、県内消費者の中には、水産物に対して「新鮮」、「安心・安全」、「価格」、「簡便化」、「情報不足」の5つのキーワードがあることがわかった。
索引語水産物;意識;福岡県;漁家経営;魚離れ;県内消費者;福岡県内消費者;漁業者;環境;変化
引用文献数8
登録日2011年01月17日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat