高品質・良食味の晩生品種「てんこもり」の育成

高品質・良食味の晩生品種「てんこもり」の育成

レコードナンバー752668論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009235NACSIS書誌IDAN10055822
著者名小島 洋一朗
蛯谷 武志
表野 元保
ほか8名
書誌名富山県農業技術センター研究報告
別誌名Bulletin of the Toyama Agricultural Research Center
Bull.Toyama.Agric.Res.Ctr.
富山県農技セ研報
発行元富山県農業技術センター
巻号,ページ25号, p.1-18(2008-03)ISSN0913915X
全文表示PDFファイル (7894KB) 
抄録「てんこもり」は、成熟期が「コシヒカリ」より7日程度遅く、高品質で良食味、耐倒伏性に優れ直播栽培にも適した晩生品種である。富山県農業技術センターにおいて「富山36号」と「と系1000」の交配組み合わせから育成された。2007年3月に「てんこもり」を候補名として品種登録の申請を行い、同年8月に出願公表された(出願番号第20793号)。主な特性は次のとおりである。1.出穂・成熟期。「コシヒカリ」より出穂期で5日、成熟期で7日程度遅い。2.稈長・倒伏程度。稈長は「コシヒカリ」より短く、耐倒伏性に優れる。3.収量。移植栽培、直播栽培ともに「コシヒカリ」よりも収量性が高い。4.品質。品質は「コシヒカリ」より高温登熟性に優れ、安定して良い。5.食味。食味は「コシヒカリ」と同程度で美味しい。6.耐病性。いもち病に対しては、「コシヒカリ」よりも強い。紋枯病に対しては、「コシヒカリ」よりもやや弱い。
索引語コシヒカリ;成熟期;高品質;良食味;晩生品種;耐倒伏性;稈長;品質;食味;育成
引用文献数8
登録日2011年01月12日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat