蛍光ELISA法による花粉抗原(Cry j 1およびDac g)の高感度測定

蛍光ELISA法による花粉抗原(Cry j 1およびDac g)の高感度測定

レコードナンバー752676論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014969NACSIS書誌IDAN00242685
著者名安部 悦子
高橋 裕一
青山 正明
書誌名山形県衛生研究所報
別誌名Report of the Yamagata Prefectural Institute of Public Health
発行元山形県衛生研究所
巻号,ページ40号, p.5-8(2007-12)ISSN05134706
全文表示PDFファイル (1574KB) 
抄録花粉抗原は大気中にごく微量しか存在しないので、超高感度の測定が要求される。これまではELISA法の酵素基質にラジカル基質を用い、酵素反応の産物をESR装置で測定してきた(ESRラジカルイムノアッセイ法)。今年度は、より汎用性の高い蛍光ELISA法の検討を行った。蛍光ELISA法では、Cry j 1は1pg/m3、Dac gは0.5AUまで測定が可能であった。2007年春のスギ花粉飛散シーズン初期における大気試料中のCry j 1をESR法と蛍光ELISA法で測定し、両方法による値を比較したところ良い相関が得られた(r=0.925、n=16、p<0.01)。日々の花粉アレルゲンの情報提供には蛍光ELISA法が適していると考えられる。
索引語蛍光ELISA法;Cry;j;花粉抗原;Dac;g;測定;測定;高感度測定;大気中
引用文献数6
登録日2011年01月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat