大豆搾油残渣の生体調節機能に関する研究

大豆搾油残渣の生体調節機能に関する研究

レコードナンバー752678論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014969NACSIS書誌IDAN00242685
著者名笠原 義正
書誌名山形県衛生研究所報
別誌名Report of the Yamagata Prefectural Institute of Public Health
発行元山形県衛生研究所
巻号,ページ40号, p.12-17(2007-12)ISSN05134706
全文表示PDFファイル (3013KB) 
抄録大豆搾油残渣の有効利用の一環として、生体調節機能の検討を行った。すでに研究されている栄養機能や既知の活性ではなく、新たな機能性を求めて、自発運動に対する作用、ストレスに対する作用、Helicobacter pyloriに対する抗菌作用、O-157に対する抗菌作用、血糖に対する作用、抗侵害作用、抗炎症作用、利尿作用の活性スクリーニングを行った。その結果、ストレス潰瘍抑制作用、ピロリ菌に対する抗菌作用、抗侵害作用、抗炎症作用が示唆された。
索引語作用;抗菌作用;大豆搾油残渣;生体調節機能;抗侵害作用;抗炎症作用;研究;有効利用;一環;検討
引用文献数19
登録日2011年01月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat