機能性食品としての食用菊の利用法開発

機能性食品としての食用菊の利用法開発

レコードナンバー752679論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014969NACSIS書誌IDAN00242685
著者名沼澤 聡明
伊藤 健
笠原 義正
書誌名山形県衛生研究所報
別誌名Report of the Yamagata Prefectural Institute of Public Health
発行元山形県衛生研究所
巻号,ページ40号, p.18-21(2007-12)ISSN05134706
全文表示PDFファイル (1773KB) 
抄録食用菊(モッテノホカ)のメタノールエキスを抗ピロリ菌活性を指標にして分画し、種々の活性画分を得た。これらの画分についてGC/MSによる分析を行った結果、スチグマステロール、β-シトステロール等の植物性ステロールが含まれていることが分かった。これらの標準品を用いて抗ピロリ菌活性を測定した結果、活性が確認された。さらに他の画分にも活性の強い物質の存在が示唆された。また、モッテノホカ、寿、岩風のポリフェノール画分にも抗ピロリ菌活性があることを明らかにした。
索引語抗ピロリ菌活性;食用菊;モッテノホカ;画分;結果;活性;機能性食品;利用法開発;メタノールエキス;指標
引用文献数8
登録日2011年01月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat