全国および山形県における食中毒の発生状況(2002-2006年)

全国および山形県における食中毒の発生状況(2002-2006年)

レコードナンバー752681論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014969NACSIS書誌IDAN00242685
論文副題自然毒による食中毒を中心に
著者名伊藤 健
笠原 義正
書誌名山形県衛生研究所報
別誌名Report of the Yamagata Prefectural Institute of Public Health
発行元山形県衛生研究所
巻号,ページ40号, p.34-41(2007-12)ISSN05134706
全文表示PDFファイル (3629KB) 
抄録最近5年間(2002〜2006年)の食中毒について調べた。全国では細菌性の食中毒発生件数が最も多く、ついでウイルス、自然毒と続く。山形県では全国と同様に細菌性のものが最も多く、次が自然毒でウイルスと続き、自然毒とウイルスが逆転している。また、植物性自然毒による食中毒は全国的に見られるが、多い方から山形県、新潟県、福島県、茨城県の順であった。その内容は山形県の場合、ツキヨタケ、トリカブト、クサウラベニタケによる食中毒が多く、この3種で発生件数の6割をしめる。このことは、この3種について特に重点的に中毒防止に取り組むべきことを示唆している。
索引語食中毒;山形県;自然毒;全国;ウイルス;細菌性;3種;発生状況;2002-2006年;中心
引用文献数7
登録日2011年01月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat