2007年の麻しんウイルス分離状況及びその遺伝子解析

2007年の麻しんウイルス分離状況及びその遺伝子解析

レコードナンバー752685論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014969NACSIS書誌IDAN00242685
著者名須藤 亜寿佳
青木 洋子
水田 克巳
書誌名山形県衛生研究所報
別誌名Report of the Yamagata Prefectural Institute of Public Health
発行元山形県衛生研究所
巻号,ページ40号, p.53-55(2007-12)ISSN05134706
全文表示PDFファイル (1331KB) 
抄録2007年、4月から7月までに採取された6名の成人麻しん患者の検体から麻しんウイルス(MV)の分離及びMV遺伝子の検出を実施した。また、得られたMV遺伝子を用いて遺伝子解析を行い、その遺伝子型別を実施した。MVは患者6名、13検体中7検体(患者5名)から分離され、MV遺伝子は6名の患者全員から検出された。遺伝子解析の結果、患者6名のうち4名については、D5型のMVに感染したことが明らかとなった。また、残りの2患者から分離されたMVは、ワクチン株と近縁であることが明らかとなった。
索引語MV;遺伝子解析;MV遺伝子;2007年;6名;実施;患者6名;分離;麻しんウイルス分離状況;採取
引用文献数6
登録日2011年01月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat