簡易雨よけ被覆によるナシ黒星病を対象とした殺菌剤散布成分数削減効果および果実糖度等への影響

簡易雨よけ被覆によるナシ黒星病を対象とした殺菌剤散布成分数削減効果および果実糖度等への影響

レコードナンバー752718論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20032024NACSIS書誌IDAA12207453
著者名橋本 勇輔
大谷 博実
書誌名滋賀県農業技術振興センター研究報告
別誌名Bulletin of the Shiga Prefecture Agricultural Technology Promotion Center
滋賀農技セ研報
Bull. Shiga. Pref. Agric. Tech. Promo. Cent.
発行元滋賀県農業技術振興センター
巻号,ページ47号, p.14-30(2008-03)ISSN18814735
全文表示PDFファイル (7900KB) 
抄録既存ナシ園に容易に被覆・除去できる簡易雨よけ被覆を開発した。これを利用することでナシ黒星病に対する殺菌剤散布成分数を滋賀県における通常使用成分数の5割以下に削減することができた。1)既存ナシ園に簡易雨よけ被覆を設置するコストは、滋賀県農業技術振興センター花き・果樹分場内ナシほ場で10aあたり528,000円、竜王町山之上の現地ほ場で512,230円であった。2)簡易雨よけ被覆の設置と併せて、黒星病に対するナシ果実の感受性が高い時期の薬剤散布、秋期防除および落葉の処分を実施した。3)雨よけ被覆による明らかな果実糖度の低下は認められず、ダニ剤散布成分数を増やす必要はなかった。
索引語簡易雨よけ被覆;ナシ黒星病;殺菌剤散布成分数削減効果;果実糖度等;影響
引用文献数13
登録日2011年02月07日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat