幼木の整技法改善によるニホンナシ‘ゴールド二十世紀'の早期増収技術

幼木の整技法改善によるニホンナシ‘ゴールド二十世紀'の早期増収技術

レコードナンバー752724論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00020391NACSIS書誌IDAN10555563
著者名吉田 亮
書誌名鳥取県園芸試験場特別報告 = Special bulletin of the Tottori Horticultural Experiment Station
別誌名Spec. bull. Tottori Hort. Exp. Stn
鳥取園試特報
発行元鳥取県園芸試験場
巻号,ページ10号, p.1-47(2008-02)ISSN13484923
全文表示PDFファイル (22908KB) 
抄録ニホンナシ‘ゴールド二十世紀’の早期増収を目的として、間伐樹の幼木期の整枝法の違いが樹冠拡大と収量、果実品質に及ぼす影響について比較を行った。1988年秋に‘ゴールド二十世紀’の1年生樹を植え付け、その後異なった整枝法を適用して栽培した。永久樹(PT)の整枝法は3本主枝とした。また、間伐樹は6つの異なる樹形、すなわち3本主枝(3-SF)、4本主枝(4-SF)、6本主枝(6-SF)、改良二分8本主枝(I-8-SF)、8本主枝(8-SF)、改良二分12本主枝(I-12-SF)にそれぞれ整枝した。間伐樹は、9年生時以降永久樹の樹冠拡大に伴って樹冠が切り縮められ、11年生時の果実生産、を最後に伐採された。
索引語幼木;技法改善;ニホンナシ;早期増収技術
引用文献数118
登録日2011年01月25日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat