育苗用土への高吸水性ポリマー混和が用土の物理性およびトマト苗の生育に及ぼす影響

育苗用土への高吸水性ポリマー混和が用土の物理性およびトマト苗の生育に及ぼす影響

レコードナンバー752827論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005895NACSIS書誌IDAN10485504
著者名龍 勝利
井手 治
森山 友幸
ほか1名
書誌名福岡県農業総合試験場研究報告
別誌名福岡農総試研報
Bull. Fukuoka Agric. Res. Cent
発行元福岡県農業総合試験場
巻号,ページ27号, p.59-63(2008-03)ISSN13414593
全文表示PDFファイル (2936KB) 
抄録用土への保水剤(架橋ポリアクリル酸塩)の混和が、用土の保水特性に及ぼす影響を明らかにするとともに、トマト苗を育苗したときの苗の生育および水分ストレスに及ぼす影響について検討した。1.ピートモス、バーミキュライトおよびボラ土では保水剤の混和により用土の容積が増加し、その増加には気相の減少、液相の増加を伴った。2.土壌間隙の大きなピートモスおよびボラ土のような用土では、保水剤混和の効果が高く、保水量が増加することで、トマト苗の萎凋が軽減されるとともに育苗終了時の茎葉重が増加した。3.トマトの育苗用配合土に保水剤を混和すると、茎葉重が増加するなど生育促進効果がみられ、保水剤の混和量を10g/lとすると、かん水量を無混和の2分の1としても同等以上の生育量が得られた。4.第8葉期苗にかん水中断処理を行った結果、トマト葉の水ポテンシャルは保水剤混和配合土で無混和より有意に高くなり、水分ストレスが軽減された。
索引語用土;保水剤;混和;増加;トマト苗;影響;生育;水分ストレス;ピートモス;ボラ土
引用文献数9
登録日2011年01月28日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat