治療後に病理検査を行ったウサギのエンセファリトゾーン症の1例

治療後に病理検査を行ったウサギのエンセファリトゾーン症の1例

レコードナンバー752943論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名柑本 敦子
伊東 輝夫
内田 和幸
椎 宏樹
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ60巻・ 11号, p.801-804(2007-11)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (2265KB) 
抄録突然の斜頸を示したウサギが来院し、臨床的にエンセファリトゾーン症(Ez症)が疑われた。フェバンテル、コルチコステロイドおよび抗生剤による治療を27日間継続し、その間に臨床症状が消失した。その後も良好な全身状態が維持され、治療終了から59日後に安楽死させ、病理検査を実施した。病理組織検査では延髄の外側前庭核に軽度のグリオーシスと単核細胞による囲管性細胞浸潤が認められた。大脳皮質と腎臓には多巣状に非化膿性肉芽腫病変が認められた。以上の所見より本症例はEz症と診断され、延髄の病変が斜頸に関与していたことが示唆された。
索引語病理検査;ウサギ;エンセファリトゾーン症;斜頸;Ez症;延髄;来院;フェバンテル;コルチコステロイド;抗生剤
引用文献数11
登録日2011年03月09日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat