犬等の輸出入検疫規則に定められた注射法による国内狂犬病不活化ワクチンの犬における有効性と安全性

犬等の輸出入検疫規則に定められた注射法による国内狂犬病不活化ワクチンの犬における有効性と安全性

レコードナンバー752950論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名江副 伸介
大森 崇司
草薙 公一
ほか5名
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ60巻・ 12号, p.873-878(2007-12)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (3140KB) 
抄録「犬等の輸出入検疫規則」に定められた2回注射法による国内の動物用狂犬病不活化ワクチンの犬における有効性と安全性を調べた。NIH法で測定した本ワクチンの抗原力価は1.7〜6.2IU/mlであり、OIEの推奨する1.0IU/mlの基準を上回った。蛍光抗体ウイルス中和試験法で測定した抗体価(FAVN抗体価)と中和抗体価とは高い相関(r=0.927)を示し、検疫規則で有効とされるFAVN抗体価の0.5IU/mlは、中和抗体価で25倍に相当した。1カ月間隔で2回注射後1カ月目の中和抗体価は1,655倍であり、その後1年目の中和抗体価も176倍と有効抗体価を維持した。1年間隔で2回注射後1カ月目の中和抗体価も3,096倍と高かった。なお、犬に5用量を1回および10用量を3回注射しても異常は認められず、検疫規則に定められた2回注射法は犬に有効かつ安全であると考えられた。
索引語中和抗体価;犬;犬等;輸出入検疫規則;有効性;安全性;2回注射法;測定;FAVN抗体価;検疫規則
引用文献数10
登録日2011年01月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat