施設栽培ピーマンにおけるジャガイモヒゲナガアブラムシに対するチャバラアブラコバチの密度抑制効果

施設栽培ピーマンにおけるジャガイモヒゲナガアブラムシに対するチャバラアブラコバチの密度抑制効果

レコードナンバー753013論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011918NACSIS書誌IDAN10406825
著者名下八川 裕司
書誌名高知県農業技術センター研究報告 = Bulletin of the Kochi Agricultural Research Center
別誌名Bull. Kochi Agric. Res. Cent.
高知農技セ研報
発行元高知県農業技術センター
巻号,ページ17号, p.7-14(2008-03)ISSN09177701
全文表示PDFファイル (3491KB) 
抄録施設栽培ピーマンにおいて、ジャガイモヒゲナガアブラムシに対する土着の天敵寄生蜂チャバラアブラコバチの密度抑制効果を検討した。その結果、ジャガイモヒゲナガアブラムシの発生初期に1aあたり340頭のチャバラアブラコバチを8日間隔で2回放飼すると、チャバラアブラコバチの寄生率が高まり、ジャガイモヒゲナガアブラムシを低密度に抑えることができた。なお、ジャガイモヒゲナガアブラムシが圃場内で分散し始めてからの放飼では密度抑制効果が低下するので、ジャガイモヒゲナガアブラムシの発生初期にチャバラアブラコバチを放飼することが重要であると考えられた。
索引語ジャガイモヒゲナガアブラムシ;チャバラアブラコバチ;密度抑制効果;施設栽培ピーマン;発生初期;土着;天敵寄生蜂チャバラアブラコバチ;検討;1aあたり340頭;8日間隔
引用文献数14
登録日2011年01月14日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat