肥育豚への牛乳給与が発育・肉質に及ぼす影響

肥育豚への牛乳給与が発育・肉質に及ぼす影響

レコードナンバー753188論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013985NACSIS書誌IDAN00381852
著者名大口 秀司
成瀬 俊一
栗田 隆之
ほか2名
書誌名愛知県農業総合試験場研究報告 = Research bulletin of the Aichi-ken Agricultural Research Center
別誌名Research bulletin of the Aichi Agricultural Research Center
発行元愛知県農業総合試験場
巻号,ページ39号, p.61-66(2007-12)ISSN03887995
全文表示PDFファイル (2997KB) 
抄録食品廃棄物を食品循環資源として飼料等に有効利用するために、牛乳と市販飼料の混合液状給与が発育、と体成績及び肉質に及ぼす影響について検討した。試験は市販飼料を給与する対照区、市販飼料と牛乳を1:1、1:2、1:3の割合で混合給与する1:1区、1:2区、1:3区の4試験区を設け、30から110kg時まで実施した。1.肥育前期では牛乳の混合割合が多くなるにつれて1日平均増体量が高くなり、飼料要求率も改善された(P<0.05)。しかし、肥育後期では差は認められなかった。全期間を通じては、牛乳を混合給与した区が対照区に比べ、増体に優れる傾向が見られた。また、飼料要求率は1:2区、1:3区で改善された(P<0.05)。2.と体成績については牛乳の混合割合が高くなるにつれて、背脂肪厚が高くなる傾向が認められたが、それ以外の項目については差は認められなかった。3.肉質については背脂肪内層の融点が1:2区、1:3区で対照区より高くなった(P<0.05)。また、腎脂肪の融点も同様の傾向を示した。また、その他の項目には差は認められなかった。4.「しゃぶしゃぶ」による官能検査において、差は認められなかった。以上のことから、市販飼料と牛乳を混合給与することにより、若干、厚脂になる傾向が認められるが、1日平均増体量、飼料要求率が改善され、脂肪融点が高く、しまりのある豚肉生産が可能であることが示唆された。
索引語牛乳;市販飼料;差;傾向;肉質;対照区;混合給与;2区;飼料要求率;改善
引用文献数11
登録日2011年01月18日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat