ナシ栽培における農薬飛散(ドリフト)低減対策

ナシ栽培における農薬飛散(ドリフト)低減対策

レコードナンバー753204論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014870NACSIS書誌IDAN0038751X
著者名冨田 恭範
書誌名農業および園芸 = Agriculture and horticulture
発行元養賢堂
巻号,ページ83巻・ 2号, p.274-279(2008-02)ISSN03695247
全文表示PDFファイル (2345KB) 
抄録食品衛生法の改正に伴い、2006年5月からポジティブリスト制度が導入された。本県の主要果樹であるナシの病害虫防除では、スピード・スプレーヤ(以下、S・S)を使用した薬剤散布が実施されているため、周囲への農薬飛散(ドリフト)が懸念される。隣接して栽培されている野菜などの他作物に農薬が飛散した場合、飛散した農薬のその作物に対する残留基準あるいは暫定基準が設定されていないと、原則として0.01ppmの一律基準が残留基準として適用される。S・S使用時の農薬飛散を低減する方法として、『地上防除ドリフト対策マニュアル(日植防2005)』では、「S・Sの噴口・送風量の調整」、「飛散低減ノズルの装着」、「遮蔽物の設置」が有効としている。ここでは、これらの手法のナシ園における有効性および病害虫に対する防除効果への影響について検討した試験の結果を紹介する。
索引語ナシ栽培;農薬飛散;ドリフト;低減対策
引用文献数1
登録日2011年01月20日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat